全国の仲間からの抗議と激励

HOME  日本医労連  東京医労連  組合について  加入申請

カテゴリ: 激励

東京女子医科大学労働組合
執行委員長 米山 守様

 日々のご健闘に敬意を表します。

 この度、新型コロナ禍による大幅減収・赤字を理由とし、東京女子医科大学理事会が提示した「夏季一時金ゼロ」回答に対して、日本医労連から各加盟組織に抗議FAX集中の依頼があり、当組織も微力ながらFAXを送信させていただきました。
 理事会が提示した回答は、コロナ禍のなか職業倫理と使命感を持って、日々職務に従事している全病院職員の健闘と意欲を踏みにじる行為であり、到底受け入れることができない事案であります。
これに対し単組で闘うだけでなく、全国の仲間に迅速に事態を発信した行動力に敬意を表します。
このような暴挙は一病院の出来事として済まされる問題ではありません。
減収を理由に同じようなことを行う病院がでてしまう可能性もあり、何としてでも阻止しなければなりません。
 全国ニュースでも報道されており、退職希望者も多数でていると伺っています。このような時世のなか、すぐに欠員補充がされる可能性は極めて低く、貴院に通院や入院をされ治療を受けている患者様に対して、安心・安全な医療を提供できなくなってしまう事態に直結してしまいます。
 患者様に安全な医療を提供するため、そこに働く職員が心身健康で仕事に従事できるよう、日々健闘されている貴組織に対し、北海道からではありますが激励のメッセージを送らせていただきます。
 再検討要求に対して理事会が真摯に応え、「夏季一時金ゼロ」回答の撤回を勝ち取ることができるように声をあげましょう。
 全国には仲間がたくさんいて、皆様を応援しております。
 頑張ってください。物理的距離は離れてはいますが、気持ちは一つです。ともに闘いましょう!

国家公務員共済組合連合会病院労働組合 斗南支部
支部長 工藤 めぐみ
書記長 中野 奈織美

このページのトップヘ