東京女子医科大学 

理事長 岩本 絹子 殿

労務担当理事 内潟  安子 殿


夏季一時金支給、定期昇給実施の要請
 

コロナ禍で自らの感染リスクにおびえながら懸命に医療を提供してきた東京女子医大の職員に、夏季一時金ゼロ回答はあまりにも非情です。人材あっての医療です。安全・安心の質のよい医療は提供できますか?離職が加速し、現行の医療は持続可能ですか?

コロナ禍で大変ご苦労をされておられることと存じますが、夏季一時金ゼロ撤回、昇給実施を今すぐ行って下さい。使用者には職員の生活・家族を守る責務があります。

貴職の退職希望者は2割・400人にのぼるという情報もあり、医療崩壊につながりかねない深刻な事態です。私たちも政府に、減収補償を全力で行っていくことを決意し、貴職に健全な対応を行っていただくことを心より要請するものです。

 

2020年7月9日

 

7月5日第77回定期大会参加者一同(21組合100名)

愛知県医療介護福祉労働組合連合会

執行委員長 渡邉 一
---------------------------------------------------------

東京女子医科大学労働組合

執行委員長 米山 守 殿 

 

労働者の雇用とくらしを守るため、医療を守るにために全力でがんばっている東京女子医科大学労働組合のみなさまに心より連帯のエール

 

 日々、患者・国民・組合員のいのちと健康を守るため、日々ご奮闘されておられる東京女子医科大学労働組合のみなさんに、心より敬意を表します。

 まさかの病院からの夏季一時金ゼロ、定期昇給実施ナシという回答に驚きを禁じ得ず、怒り心頭です。平時から慢性的な人材不足でコロナ禍では感染の危険に怯えながらも、懸命に医療を提供し働いてこられたみなさんに、あまりにも非情な仕打ちに、まるで使い捨てのような行為に、悔しくで涙が込み上げてきます。

医療従事者も人の子です。自分の生活、家族の生活を守り維持していくために働いています。一時金は労働力の後払いでもあるのに、赤字を理由に「ゼロ」はひどすぎます。家賃は?子どもの学費は?明日のモチベーションは?、、、、。心を痛めます。

私たち愛知県医労連の加盟組織、南生協労働組合では、夏季一時金が昨年実績より半減、1カ月の回答に反対署名が続々と集まり、第7回団体交渉を行い粘り強く闘っています。

 貴組合が困難な中でも仲間をふやして、要求実現のために大奮闘されておられることに励まされ、頭が下がる思いです。どうぞみなさま、お体ご自愛下さい。職員の雇用と地域医療を守るため、共にがんばりましょう。私たち愛知県医労連も、全力で頑張る決意を申し上げ、みなさんに心より連帯のエールを送ります。

 

2020年7月9日

 

7月5日第77回定期大会参加者一同(21組合100名)

愛知県医療介護福祉労働組合連合会

執行委員長 渡邉 一

このたびは、夏季一時金ゼロ回答に懸命にたたかっておられる
東京女子医科大学のみなさまに心より敬意を表します。
抗議と激励文を送ります。
世論で押し返しましょう。
共にがんばる決意です。
どうぞ、どうぞみなさま、お身体に気を付けてください。